秋の食材「鮭」

秋になると美味しくなる鮭は日本で人気の食用魚であり、汁物、焼き物、揚げ物とどのような調理にも向いています。その人気はおそらく魚のベスト3に入るのではないでしょうか。

鮭は特殊な習性がよく知られており、河川で卵から孵化(ふか)し、ある程度の大きさまで成長すると海に出る。海で成魚まで成長し、再び自身の生まれた河川に産卵のため戻ってくるというなんとも健気な魚である。

北海道、東北地方を中心とした地域では様々な鮭を使った郷土料理や保存食が存在し、
古くから人々に親しまれてきました。

鮭は捨てる部位がほとんどない魚であり、卵は筋子(すじこ)やイクラとして食べ、
鼻の先の軟骨を「氷頭(ひず)」といってなます(酢と調味料で和えたもの)にする、
心臓を炒め物にするなど余すところなく食べることができるのである。

定番の焼き鮭も美味しいですが、たまには変わった鮭料理を食べてみるものいいですね。