自然の力を利用した絶妙な品

和食だけでなく幅広く料理の中に取り入れられていて、注目だな!と思うひとつに温泉卵というものがあります。

似たもので半熟卵というのもありますが、温泉卵は卵黄よりも卵白が柔らかい状態なのが特徴です。

卵黄の凝固温度(約70℃)が卵白の凝固温度(約80℃)より低い性質を利用して作られるもので、65~68℃程度の湯に30分程度浸けておくことで、この状態になります。

この温度が温泉の湯面に近い温度なため、温泉街でよく作られ朝食メニューに入っていることが多いです。

ほんの少し手間ではありますが温度に気をつけて自宅で温泉卵を作り、少し濃いめの出汁をかけていただくと、不思議な食感とやさしい口当たりでほかの卵料理とはまた違った味わいがあり、美味しいです。

特に美味しく食べるとしたら、やはり日本各地の温泉街へ旅行に行った際、朝食に温泉卵があると格別です。ぜひ温泉に行って朝食に温泉卵を食べてみてください。