豆腐ではないけど、豆腐を名乗る卵豆腐

日本の食品のなかには、食感や製法から似ているということから材料としては使われていないが食品名にしている料理があります。

暑い夏に涼しげにいただける料理「卵豆腐」。

卵と出汁を1対1か1対1.5で混ぜて蒸して冷やすと出来上がります。

色が黄色っぽくプルプルとした触感から、まるで洋菓子のプリンのように見えますが、味は甘くはなく出汁の効いた絶妙な塩加減で美味しい一品です。

卵と出汁を混ぜて蒸すという茶碗蒸しと同じ製法ですが、茶碗蒸しと違うところは具がないことが一番の違いだと思います。

シンプルに冷やして出汁をかけ、いただく。夏の食欲のない時もペロっと食べることができるオススメの一品です。