しめじは鳥のなかま??

古くから日本にも自生していましたが、しいたけのように昔から一般的に食べられていたわけではなく、流通するようになったのは、本格的に人工栽培がスタートした1970年以降になります。

1株ごとにパックされたものが主流のぶなしめじ。家庭でよく出るのはこれじゃないでしょうか?スーパーで売っているほとんどは人工栽培されたものになります。カサは灰褐色~薄茶色で軸は白色でうまみと香りがあり、歯ごたえのよさが持ち味です。炒め物から煮物、鍋物、和え物までさまざまな調理法が楽しむことができます。

白いしめじで「ブナピー」というものもありますね。キャラが可愛らしいマークでお馴染みです。他にも”ひらたけしめじ”、”ほんしめじ”、”はたけしめじ”など、種類も豊富です。

因みに、はたけしめじは英名「フライドチキンマッシュルーム」っていいます。
フライドチキン!?唐揚げ味??なんてことはなく、食感がフライドチキンに似ているからだそうな。そんな食感だったかな…と考えながら今度比較食べしてみようと思います。
はたけしめじとフライドチキンのディナーを楽しんでみませんか??食感パーティーの始まりです!