赤い宝石「イクラ」

みんな大好きイクラ丼。
赤いツブツブがまるで宝石のような輝き。
今日はイクラの話をしよう。

北海道に旅行に行く人の何割かはイクラが目当てだと思います。(著者の私見です)

イクラの語源は実はロシア語の「икра」(ikra/イクラー)。魚卵を意味します。
鮭の卵に限定していないので、キャビアもタラコも数の子も全部イクラである。

かつて日本では鮭の卵を筋子(すじこ)と呼んでいたが、卵巣に包まれた固まりのままの筋子と粒状にバラした状態の筋子の名称に区別はなかった。ところがロシア人が粒状の筋子を「イクラ」と呼んでいるのを見た日本人がこれはイクラというものだと考えたことに由来する。今日では、そのまま「固まりの鮭の卵=筋子」、「粒状の鮭の卵=イクラ」として定着している。

北海道や東北地方では、筋子というと鮭から取り出した生の筋子よりも筋子を固まりのまま塩漬けにした加工品を指すことが多い。
この塩漬けの筋子はなかなかに塩辛く、粘りがあり、和食の中では比較的上級者向けの
料理である。しかし、ハマってしまう人も多く、中にはイクラより筋子の方が美味いという通な人もいる。

一方でイクラは鮮度が命で、塩漬けすることにより長持ちする筋子と違い、鮭から取り出したらすぐに処理して味付けしないといけない。イクラが贅沢品と言われる所以である。

どうですか、ご飯より多くイクラを盛ったイクラ丼を食べたくなりませんか?