日本の高級食材「松茸」

日本では高級食材として扱われている「松茸」についてご紹介いたします。
海外ではさほど高級に扱われていないようで、匂いが独特で「クサイ!」と思われる人もいるのだとか。香りの成分は「マツタケオール」という成分が発するものだそうで、日本人の多くは昔からこの香りを楽しんでいました。

日本では「匂い松茸味しめじ」ということわざがあります。
松茸は、値段が高く、旬の季節は秋なのでその時季にしか食べられません。それに比べしめじは安く、いつでも食べられ味は一番良いという、つまりは物事にはそれぞれ長所があるのだということです。

それだけ松茸は香りが素晴らしいものだという風に日本人には染み付いています。しかし、各国の民族や文化の違いもあり、各々、感じ方は違うのは当然だと思います。
さて、日本人のテンションが上がる食材の松茸、食べ方には色々とありますが、メジャーな食べ方はやはり「焼き松茸」と「松茸ご飯」でしょう。

他にも土瓶蒸し(どびんむし)など、香りに重点を置いた調理法が沢山あります。
やはり、普通に食べようと思うと大変高価なものになってしまいますが、最近ではスーパーなどで松茸のお吸い物の素など売っており、香りを楽しみながら食すものもありますので、松茸を味わったことが無い方はここから始めてみても良いかもしれませ。ここではまったアナタは今から松茸貯金をお勧めします。ギャンブルみたいにはまりすぎないように!