食のことわざ #007

豆腐に鎹(かすがい)

意味「手応えや効き目がまったくないことのたとえ」

“鎹(かすがい)”とは、材木と材木を繋ぎ留める金具のこと。

柔らかい豆腐に鎹を打ち込んでも何の手応えもないことから、いくら意見などしても一向に効き目がないという意味。

豆腐に鎹(かすがい)なんかを打ち込むよりも、やっぱり豆腐には醤油だろう。
ネギと生姜も一緒に乗せたりなんかしたら尚良しだ。

ということで、“豆腐に醤油”は譲れない。

そんな私に今何を言っても『豆腐に鎹(かすがい)』である。