美容と健康に、ねばねばきのこ

きのこは昔から、食べる薬と言われています。薬のようにカラダを元気にしてくれる優れた食物なのです。 種類もたくさんあり、秋の味覚として香りや味を楽しめます。素晴きのこにはすばらしい健康効果があり、現在、世界中で注目されています。

きのこは、人類よりもはるか以前から地球に存在していて、きのこの育つ環境の整っている土地でもある日本には実に2000種以上のきのこが自生しており、食用にされた歴史も古く、多くの書籍に登場しています。昔は野生のものを採っていましたが、その中でも特においしくて育てやすいものが、市場に流通するようになりました。

栽培きのこは、現在の所15種類程ありますが、今なお研究が進められて種類が少しずつ増えるかもしれません。
独特のぬめりと歯切れの良さが特徴で、お汁の実やおろしあえ等によく使われているなめこを今回ご紹介したいと思います。

なめこには美肌効果と骨粗鬆症予防にいいとされる成分、トレハロースが含まれています
。これは化粧品にも使われている天然成分で、きのこ全般に含まれている糖の一種ですが、その中でも、特に多く含むのがなめこなのです。

骨を守って、お肌も乾燥から保護してくれるトレハロースは、特に女性にとっては積極的に食べたい食材のひとつです。

なめこの健康効果はあのネバネバの中に凝縮されているので、ぬめりは残さずいただきましょう。日本のねばねば料理には身体を良くしてくれる栄養満点です。納豆が食べられないあなたでもなめこならいけるかも??

登山にも絶好の季節となってきました。山に行くとたくさんのきのこが生えています。なめこに似たきのこでニガクリタケというものがあり、とても見た目は似ています。
下手にとって食べても大きくもなりませんし、1アップもしません。きちんとコインをつかって購入しましょう。